おすすめ
スタッフ紹介
こんな会社です
トップページにもどる

お便りはこちらまで

階段部完成

完成

地温センサー設置状況

ボイラー及びポンプ設置状況

北海道では、すっかり一般的になっているロードヒーティング。
 これほど、普及した理由の一つには思ったたより経費が掛からないとが上げられます。それに加え冬の生活を快適にしたいという前向きな考えの方が多いのだと思います。
 私どもに、ロードヒーティングを依頼される方は、冬の生活を楽しむ術を知っています。自分の生活に本当に必要な事を理解なさって工事を依頼されました。
長い山形の冬、雪片づけが仕事代わりでは、味気なさ過ぎます。
   
ご予算に合わせいつでもお気軽にご相談ください。

とっても身近な施工例
な方でも、ゥ分の周りの生活環境は良くしたいものです。でも自分で取り組もうとすると、現実的な問題が数多く出てきます。條ヤが無い、体力に自信が無い、もしくはどれくらいお金が掛かるか分からない等など。
そんな時は、となりの家の父ちゃんや、兄ちゃに相談する気軽さで声をお掛け下さい。あなたのご希望に叶うプランを一緒に考えます。
 それでは、いくつかの身近な施工例をご紹介します。
 玄関先での凍結による転倒骨折は意外と多いもの。
しっかり雪はきをしたつもりの後で、思わぬ凍結。
 井戸水による消雪方法もありますが
さびで舗装面が変色することもあります。
 
簡単でしかも経済的なロードヒーティングはいかがでしょうか。
除雪センサー・地温センサーの働きで
常に乾いた状態のコンクリート舗装面が保てます。それでは、実際の施工例を紹介しながら、納得していただきましょう。

  南陽市内Y宅

 果樹園を、60代のご夫婦で営んでおられます。
冬の雪片づけが困難なためロードヒーティングを依頼されました。
 ロードヒーティングと庭園の仕切には枕木を使用しました。


ロードヒーティング(コンクリート舗装) 40
舗装                      60
 
ロードヒーティング工事1崚り30,000円
で完成しました。
 

必要な灯油一冬400リットル

 北海道の豪雪地帯でも冬季間400ほどの灯油で間に合います。意外と経費は掛かりません。

 上山市W宅

 

高齢で一人くらしの女性の方の依頼です。
 玄関先から道路までの階段部にロードヒーティングを取り入れました。
凍結によるすべり転びの危険から開放されました。

降雪センサー設置状況
全体風景
階段部

配水管に不凍液入水状況

遮熱シート・ワイヤーメッシュ
温水配管状況

快適な冬を迎えよう